>>> more

2001年 6月25日(土)

そう多くも廻っていられないので、とりあえず四店舗ほど豆腐を買いに行く。

まず最初に嵯峨野の森嘉。
嵐山の渡月橋を北へどんどん進んでいって、T字になった神社のところを右へ 曲がった先。駐車場アリ。
わりと多人数が工場なかで働いており、入り口のところで豆腐の小売りを おこなっている。白豆腐(なぜか2丁分で販売)と、(季節もん)からし豆腐を買う。
土曜日だからかして、車で豆腐を買いにくる人が次から次へと。それも京都ナンバー じゃなくて、大阪ナンバーだったりするんだなぁ。

次に西京極の久在屋。
ここでは白豆腐の他に、青竹豆腐を買う。車に戻って青竹の方はさっそく食してみた。
(白豆腐のほうは、食べ比べしなきゃならないからね)
これがぷよぷよでうまい!!
腹が減っていたのもあるかもしれないけれど、むさぼるように食べてしまった。
さらに、オプション(?)で販売していた、黒蜜をかけて食べると、これまた違ったうまさが。

そして御幸町三条の戸田豆腐店。
ほんとに小さい店だが、某料理対決TV番組内で食材として使われたり、雑誌取材も 多数うけているという店。
このあたりは、ちょうど昨年のこの時期毎日のようにぶらぶら歩いていたのに、 豆腐屋の存在には気がつかなかった (^_^;
店に入ると、白衣をきたおばあちゃんが一人で店番をしており、「なんにしようかね」 と声をかけてきた。たぶんこのおばあちゃんが http://www.gyoutai.com/kyoto/food/kyonoaji/todatofu/ に出ていたおばあちゃんなんだろうなぁ。

最後に銀閣寺近くの清水豆腐店。
銀閣寺に車を止めて歩くことかなり。(←思った以上に遠かった)
疎水の北へちょっと入ったところにちゃーんとありました。
実はこの清水豆腐店を探す途中で「ますたに」ってラーメン屋の前をたまたま通りかかったのだ。
有名ですよね、京都のますたに。正直いうと、今まで聞いたことあったけれど、食べたことはなかったのだ。
こんなところにあったとは。豆腐店の場所を確認した後、ちゃっかり食べにいっちゃいました。

「ますたに」は、尾道ラーメンを彷彿させる味。でもね、ちょっと塩気きつくなぁーい?
トータルな味は悪くないけれど、もちっと塩分ひかえめだと嬉しいなあ。

ますたにでラーメン食べたあとに、もう一度清水豆腐店さんへ白豆腐を買いに戻りました。
豆腐屋のおばちゃんには、「ラーメンのあとは、あっさり豆腐やな。」といいながら 豆腐を手渡しされてしまいました(^_^;
ますたにまでラーメン食べに戻ったの、ちゃっかりばれてるぅぅぅ〜〜〜

食べ比べ

さて。食べ比べである。
本来なら、京都の鴨川べりでも、どこぞの公園にでも行って食べればいいのだろうが、 この日は残念ながら雨。ちゅうことで、帰ることにした。

森嘉の豆腐から順にあけて、なにもつけずにそのまんますくって口に入れる。
森嘉のは柔らかい感じ。詰まっている!って感じが全然しない。あまり味がないような味
久在屋さんのは、豆の味!って感じ。戸田さんのは、むっちゃ濃い!!
清水さんのは薄いけれど、食感がとってもグッド。美味しい。

すべて豆腐の味ではあれど、それぞれがそれぞれに違う個性を持っているのが、 こうやって食べ比べてみるとよくわかる。
全然味違います。

森嘉さんの豆腐は、絹こしでもないのに絹こしの食感だというのがウリみたいですが、 絹こしを特別好きでもない私には...
久在屋さんのは、青竹豆腐のほうが美味しかったように思います。
青竹のは、ぷにぷにしてて絶品!!
冷や奴で食べるなら、清水さんのが一番フィットするような。
たぶん、湯豆腐にするとまた違う評価になるんだろうなぁ。
麻婆豆腐にするならまた違うだろうし...  うぅ〜ん。


にしても、これだけ味が違うってことは、、、、、
京都にはまだまだ小さい豆腐屋がいっぱいあるよなぁ。。。
もっとうまい豆腐屋があるんだろうなぁ。
それも誰も「ここがうまい」と口にせずに自分だけの秘密にしているような 豆腐店が京都にはあるんじゃないだろうか...

ここの豆腐が美味しい!というのがあれば、こっそり教えてください。
→こちらまで。
nonoz@do-z.net

※ SPAM対策のため、一部全角文字を使用しています。ご注意ください。


>>> more